キャッシング返済計画!節約術付き

複数社からの借り入れは一本化を検討しよう

よくキャッシング業者のホームページや広告などで、「ローンの一本化」や「おまとめローン」という言葉を見かけたことはないでしょうか。総量規制で「年収の3分に1以上を貸し付けてはいけない」と法律で定められてから、キャッシング業者が今まで以上に力を入れているサービスのひとつです。

簡単に言うと、複数のキャッシング業者から借入しているお金をひとつの業者にまとめて返済していくという方法です。分かりやすく例を下記に記載します。

  • ■A社
  • 借入額が20万円で毎月の返済が1万円、返済日が毎月1日。

  • ■B社
  • 借入額が50万円で毎月の返済が3万円、返済日が毎月末日。

  • ■C社
  • 借入額が30万円で毎月の返済が15000円、返済日が毎月25日。
    上記の3社から借入をしていたとすると、これが以下のようになります。

  • ■D社
  • 借入額が100万円で毎月の返済が5万円、返済日が毎月25日。

    これだと返済額や返済日がバラバラだったのが、返済額もほとんど変わらず返済日まとまるので月々の返済が1度で済みます。更に利用者にメリットが出るように、ローンをまとめることによりまとめる前と比べると同等か金利が少し安くなることが多いです。なので複数から借入している人は、返済日もまとまって楽になり、更に金利が同等かもしくは安くなるのでローンの1本化をオススメします。

    キャッシングの審査について

    ローンの1本化をするメリットについては分かっていただけたかと思いますが、誰でも1本化できるわけではなく、借入の時と同じように審査があります。1本化した後の金利についてもこの審査で判断されます。金利が安くなれば良いですし、変わらなくても返済日がまとまる事を考えればそれだけでも1本化するメリットはあると思います。

    審査の基準の中で、やはり借入件数が5件以上あるなど多い場合には審査が通りにくくなる可能性が高くなります。またこれは借入の時も同じですが、過去に返済の延滞などがある場合も審査に落ちる可能性は高いです。また業者ごとに「おまとめローン」のサービスが異なりますが、一度相談してみる価値は充分にあると思います。