キャッシング返済計画!節約術付き

光熱費を節約する

キャッシングを利用する前には返済計画を立てます。自分の収入から、家賃や光熱費、携帯電話の料金などを引いていき、いくら返済にあてれるかを計算していきますが、実はここで注目してほしいポイントがあります。それは毎月支払う「光熱費」です。家賃は毎月同じ金額ですが、光熱費は上手に使えば節約できます。

その節約で浮かしたお金をキャッシングの返済にあてれたら毎月の生活に余裕も生まれ、節約することで予定よりも早く返済することができ、利息分を浮かせることもできます。また、元本が減っていく喜びと光熱費が減る喜びを同時に味わえるようになります。

「こまめに電気を消す」や「水道を使いすぎないようにする」など基本的なことももちろん大事ですが、ここではそれ以外にも光熱費を節約する方法をいくつかご紹介します。

電力会社のプラン見直し

電力会社には色々なプランがあります。電力会社によって若干異なりますが、基本的には「従量電灯」というプランを利用している人が多いと思いますが、これを「時間帯割引契約」に切り替えると、夜10時から朝8時までの時間帯の電気代が70~80%割引になる代わりにそれ以外の時間帯は30%高くなります。しかし独り暮らしの人や共働きで日中誰も家にいない事が多い人にとっては大きな節約に繋がります。

契約アンペアの見直し

各電力会社によって、「○○A(アンペア)→○○円」と設定されていますが、このアンペアの契約を今の契約よりも下げると当然料金も下がります。電気を使いすぎるとブレーカーが落ちますが、電気代に対する意識が高まり電気をつけっぱなしにしたりすることも減るはずです。

給湯器のスイッチは必ずオフ

給湯器は電源が入ってるだけでガス代がかかります。使わない時は必ずオフにしましょう。

シャワーを節約ヘッドに変える

シャワーのヘッドを節水ヘッドに変えるだけで水道代を節約できます。節水ヘッドは水が出る穴少なくして約50%の節水ができます。もちろんシャワーの勢いも変わらずに使える商品が数多く出ています。